2020年12月3日

警備員求人ってどうなの?警備員になるメリットとデメリット


警備員になるメリットとは?

様々な現場で活躍する警備員は無くてはならない仕事の一つであり、警備員になる場合には様々なメリットも考えられます。

警備員のメリットとしては、転職先として誰でも選びやすいというのが大きなポイントです。警備員は全国的に人手不足で悩んでいる業種の一つであり、年齢経歴問わず誰でもなりやすい職業の一つとなっています。仕事内容もルーチンワークが基本となっているので覚えてしまえば簡単であり、長時間働くことも可能となっています。給与面で見ても悪い仕事ではなく、長時間労働も可能ということであればかなりの金額を稼ぐことも出来ます。長時間は無理という人でも働くことが出来るため、多様な働き方に対応することが出来るのもメリットと考えられます。

警備員になるデメリットとは?

転職先としても人気の職種の一つである警備員ですが、実は警備員になる場合にはそれなりのデメリットもあります。

警備員のデメリットの中でも大きなものとしては忍耐力が問われることが多いということです。長時間一人で働くことが多いというだけではなく、時には一人でクレームなどにも対応しなければならないので精神的に強い人でないと長続きしない場合があります。また、夏場や冬場の屋外警備の場合は肉体的な強さも求められる場合があります。

警備員の仕事は基本的には簡単なルーチンワークであるため、警備員ならではの特殊なスキルが身につくことが無いというのも人によってはデメリットとなります。キャリアアップを考えているという場合には注意が必要です。

年齢が高くなってくると正社員として採用されにくくなりますが、そんな中でも警備員の求人は比較的年齢に関わらず正社員として採用されやすい求人です。やる気と体力がある事を採用面接でアピールする事が大切です。