2020年12月3日

フォークリフトの仕事ってどんなもの?仕事のメリットデメリットはある?


フォークリフトの仕事とは?

フォークリフトは荷物の積み込みと移動に特化している特殊車両のことで、運転するためには大型特殊自動車免許とフォークリフト運転特別教育の受講が必要になります。そんなフォークリフトを使った仕事は基本的に荷物の積み込みと移動がメインで、職場によっては梱包やピッキング、生産などの仕事が入ってくることもあるようです。ほかにも荷受けする際の検品や納品データの入力、出荷の際の検品やラップ巻き作業などが入ってくることもあります。順番待ちをしているトラックを呼びに行くなどの雑務が入ってくることもあるので、求人で確認しておくことが必要です。

フォークリフトの仕事のメリット

フォークリフトの仕事の最大のメリットは、年齢や性別に関係なく仕事を続けることができるところです。荷物の積み込みなどはフォークリフトを使うのでそこまで体力仕事ではありませんし、求人に関してもフォークリフトの操作ができれば年齢や性別は不問とされています。このため体力が落ち込んできても仕事を続けることができるのはもちろん、性別によって差別されやすい職場でも関係なく仕事ができるところはメリット・強みとして人気を集めています。

フォークリフトの仕事のデメリット

フォークリフトの仕事をする上でのデメリットとしては、仕事の一つ一つに対する責任の重さが挙げられます。フォークリフトの仕事は基本的に荷物の運搬がメインなのですが、作業中に落としたり荷物の中身を壊さないように注意して取り扱わなければいけません。万が一破損させてしまった場合は損失に繋がってしまうので、賠償責任などが発生する可能性があります。けれども慎重に扱い過ぎても作業時間に支障が出てしまうことから、丁寧かつ迅速な仕事が求められているのです。

フォークリフトの求人は、業務に必要な免許を取得している人であれば、現場での実務経験が無くても採用されることがあります。