2020年12月3日

プラントエンジニアの仕事内容や必要な知識について


プラントエンジニアの役割

プラントとは生産施設のことであり、食品工場やプラスチック工場、火力発電所など様々な施設がプラントに該当します。これらのプラントの建設やメンテナンスを行うのがプラント工事です。そして、プラント工事に関係する求人の中にはプラントエンジニアという職業が存在します。プラントエンジニアはプラントの設計や維持を行う技術者のことです。プラントの種類は多岐にわたりますし、1つの工場内にも製造や品質検査といった様々な工程があるために、1人の人間がこれらの設計を行うのは困難です。そのため、プラントエンジニアは機械、電気、土木、化学といった専門分野に特化している場合がほとんどであり、複数のエンジニアが協力しながらプラントを設計していきます。

プラントエンジニアに求められるスキル

プラントエンジニアとして働くには特別な資格はいりませんが、専門職なので高度な知識が求められます。機械、電気、土木、化学の各分野に関しては深い知識がいるために、関連する学部の大学を卒業していることが必要です。様々な種類があるプラントは、求人ごとに求められる知識も異なるので、自分が得意としている分野の知識を求めている求人を選ぶことが重要です。

また、英語の知識もあると仕事の幅が広がります。日本国内ではメンテナンスや改修がプラントエンジニアの主な仕事となっており、新たなプラントの建築は少ないです。一方、アジアや中東を始めとした新興国ではプラントの建築需要が高まっており、日本のプラントメーカーが海外でのプロジェクトを行うことも増えています。そのため、英語ができると世界各地で活躍できるようになるのです。

プラント業界は海外での活躍のニーズが高いです。国内生産から海外へ移管するためです。したがって、海外勤務が前提のプラントの求人があります。